熱いコーラは美味しくない

家庭菜園大好き、家電大好きな二人組の雑記ブログです♪

ディーラ車検が高い理由とそれでもオススメする理由

車検と言えばディーラを筆頭に、コバックやホリデー等の専門店や、イエローハット等のカー用品店、ガソリンスタンド、すべてを自分でやるユーザ車検などたくさんありますよね。

〇〇が安いとか、△△は高いとか、いろいろな情報を見たり聞いたことあるのではないでしょうか。

そんな中で、皆さんはディーラで車検を受けたことはありますか?

車検専門店やカー用品店などと比べると、ほぼ確実に高くつきますよね。

それでも私はディーラ車検をオススメします。

ここでは価格が高い理由と、それでもオススメする理由をご案内します。

 

1つ目、法定点検項目より多くの点検をするから

 ディーラ車検では法定点検項目にプラスアルファして、法定上は見なくていい部分も点検します。より早い段階で異変を見つけて危険を回避するためです。

近頃ではバッテリ液は補充が必要(ノーメンテOKのバッテリもあります)という事すら知らない人も多いようですし、それどころか、エンジンフードを開けたことすら「最後に開けたのいつだっけ?」なんて方も多いでしょう。「車の事は良く分からない」や「普段から点検するのは面倒」と言う方にぴったりなのです。 

 

2つ目、次回点検予定日までを見通して部品交換をするから

 ディーラ車検とそれ以外の両方の車検を受けたことがある方は、ディーラ車検は交換部品が多いと感じませんでしたか?

それはぼったくりではなく、次回法定点検までの期間安全に利用できるか、先を見越した整備をするからなのです。「忙しくてなかなか行けれない」とか、「常日頃から自分でメンテナンスなんてできない!」という現代人に最適なんです。

※もちろん確認があります。無断で全部変えるわけではありません。

 

3つ目、交換部品は純正品を使うから

高品質で高性能な純正品は、愛車を最も良い状態で利用する為に必要不可欠です。

エンジンオイルも、当たり前ですがメーカー推奨の適切なグレードの純正オイルを使用します。フィルタ類も、目が細かくてしっかりした作りの純正品を使用します。メーカーの厳しい規定をクリアさせるために、材料からこだわったものを使用するので、どうしても原価が高くなり、部品代が高くなってしまいます。例えばエアコンフィルタも1000円台で購入できる汎用品とでは全然性能が違います。純正品ではあまり大々的に宣伝しませんが、PM2.5対応なのでそれより大きい花粉は余裕でキャッチし、炭入りで脱臭効果もあります。

ちなみに純正のエアコンフィルタにしてあれば、クルマ用空気清浄機をフル稼働させるよりも、内気循環にして風量最大で10分ほど運転した方が空気はきれいになります。

 

 

ちょっと長くなりましたが、上記が主な理由です。これらは私たち利用者が頻繁に足を運ぶ必要が無いようにするための気遣いでもあります。費用は高いですが保証もあり、安心して長く乗り続けるためにもディーラ車検がオススメです。

そして可能であればできるだけ同じ会社を利用しましょう。仮に引越し等で利用店舗は違っても、同じ会社ならオンラインでデータ共有している場合が多く、前回履歴を見れたりするので、それと照らし合わせた整備をしてくれます。例えば、「前回点検時のブレーキパッドの残り溝が〇ミリで、今回が△ミリだから、このペースだと後2ヶ月くらいで交換が必要になりますが、どうしますか?」などです。それと、ちょっとした疑問や不安は遠慮せずに何でも聞きましょう。

\かんたん・低コスト・豊富な機能/ホームページ作成なら「グーペ」

 

 

ちょっと呟き ~安い車検のワナ~

私の知り合いが「安いから」と某社で車検をしました。その後、3ヶ月ほどしたら不調になり、結局ディーラへ行って整備してもらいました。そしてディーラの担当者から説明があって発覚したのが、某社は「その時にOKなら通すのが普通」だという実態。極端に言えばブレーキパッドが残りわずかでも、その時OKならそのまま通す。バッテリが弱くて寿命間近でも、その時エンジンがかかればOK。恐ろしいですね。交換部品も少なくて、安く済むのにはこうしたワケがあったんです。交換してあった部品も安い汎用品でした。フィルター類は目が粗いですし、オイルはぎりぎり使用可能な最低グレードでした。交換しないよりは良いですが、安いのには必ず何らかの理由があるってことです。

※すべての業者がこうではありません。しっかり整備する業者もあります。

https://business.xserver.ne.jp/