熱いコーラは美味しくない

家庭菜園大好き、家電大好きな二人組の雑記ブログです♪

「ポイント還元」に注意! ~私がハマった落とし穴~

 

買い物に行くと、何らかの形で値引きをシステム化しているお店があります。その中でも多いのが、購入金額に対してポイントを付けて、そのポイントは現金同様にその店で買い物をするときに使えるという「ポイント還元」。もうひとつは、ポイントをつけるのではなく、その場で「現金値引き」をするというやり方です。

 

同じ値段でどちらか選べるとしたら、どちらのほうがお得だと思いますか?

一見すると、どちらも同じように思えますが、実は明らかに値引き率が異なります。

 

10000円の商品で、10%ポイント還元と現金値引きを例にしてみます。

ポイント還元の場合、そのお店で10000円の買い物をすると、1000円分のポイントを付けてくれます。そのポイントはそのお店ならどこでも使えるのですが、逆に言えばそのチェーン店でしか使えません。よって、最終的にそのチェーン店での買い物は全部で11000円です。

※ポイント利用分はポイントが付かない前提です。多くのお店がこの決まりです。

なので、実際の値引き率は10000円÷11000円なので約9.1%です。

 

現金値引きの場合は10000円が9000円となります。

なので、実際の値引き率は9000円÷10000円なので文字通り10%です。

 

これは一例なので、実際は選べるお店がほとんど無いですが、商品の価格とポイント還元率をトータルで計算してから選びましょう。商品Aが、B店は9000円、C店は10000円で10%ポイント還元であれば、お得なのは前者という事です。

なお、ポイントはそのチェーン店でしか使えないのに対し、現金値引きであれば安く上がった分を貯金することもできます。汎用性ということから考えても、現金値引きの方が断然得なのです。これに気づかず、目先の還元率だけで計算して買い物していました、、、。皆さんも気を付けてください。