おいでよHENTAIの森

自分の好きなことを好きなように書いていきます♪

愛車の燃費悪化などが気になる場合はこれ!

愛車が購入時に比べて、燃費が悪くなった、アイドリングが不安定になった、エンジンがうるさくなった等の症状が気になっていませんか?

それらの原因は「エンジンの汚れ」かもしれません。エンジンを搭載したクルマは、当然ながらガソリンや軽油などの燃料を燃やすことで走ります。燃料を燃やすということは、微量にススなどの汚れがでます。それらが蓄積され、新車時に比べて”燃費が悪くなった”とか、”パワーが弱くなった”といった症状が出ます。そんなときは、汚れを取り除くことで改善されます。参考にしてみてください。

 

安価で手軽に済ませるなら「添加剤」

 「ガソリン添加剤」や「エンジンオイル添加剤」を使いましょう。併用するとより効果が出やすいです。エンジンを積んだクルマは、当然ですが燃料を燃やすので燃えカスが出ます。これが少しずつ蓄積されると上記のような不具合がでます。特に、チョイノリ(1回の走行が8km以下)が多い場合や、最近の車(エコカー)はエンジンが低回転で済む場合が多いので、汚れが溜まりやすい傾向にあります。そのような場合は、オイル用やガソリン用のクリーニング系添加剤を入れて汚れを落とすと新車時に近い性能に戻るので、加速性能や燃費の向上、エンジン音の軽減などが期待できます。そんなわけで、添加剤は有効な改善方法の一つです。

 

オススメは期間の長い使用サイクルの製品

例えば、1年毎や数千km毎の使用を推奨している製品です。「給油の度に」と推奨する製品は、洗浄効果が弱い製品もあるのでお勧めできません。また、毎回入れて燃料の性能を向上させることで、燃費向上効果があると謳う製品もあります。これは燃焼効率の向上や汚れをつきにくくしたりすることにより、燃費悪化を防ぐ効果が期待できます。しかし、「給油の度に毎回添加」をやっていたら、高くつくきます。こういった類の商品はやめておきましょう。常に最高を維持したいなど、こだわりがある場合は別ですが。

 

安心なのは自動車メーカーの純正品

純正採用されるくらいなので、自動車メーカーが効果を認めている製品という事です。ただし、絶対に効果がでるとは限りません。くどいようですが、汚れの状態次第です。

ムダなリスクや出費を避けたい場合は、ディーラで点検や車検の時に「燃費が悪くて添加剤を使おうか迷ってるんだけど、どうすれば良い?」などと質問すれば、状況に応じた提案をしてくれます。

 

なお、純正品を安く入手したい場合は通販サイトもあります。

日産で採用されている純正添加剤はこちら

これは日産用ですが、オイル添加剤やガソリン添加剤なら、他社のクルマにも問題なく使えます。私もピットワークのガソリン添加剤を使ったことがありますが、アイドリング不良が一発で治りました。水抜き効果もありますし、迷ったらピットワークが良いです。

 

燃費向上グッズより添加剤で汚れを落とす方が効果が明確

 「電流を改善」とか、「セラミックで燃料改善」などのムダな燃費向上グッズを使うより(以前関連記事を書きました↓)、定期的に添加剤を使ってキレイにして大切に長く乗った方がお得です。「ノーメンテで壊れたorz」となると相当な出費です。こまめなメンテナンスをすればその都度お金はかかりますが、トータルではそれが一番節約になります。

 

othersblog.hatenablog.com 

 

そして私、数年前ですが愛車のアイドリング不良をきっかけに、ガソリン添加剤を使いました。そこから興味を持って色々試した中、2本で500円位のとあるガソリン添加剤を使ったら、プラグかぶりを起してしまい、悲惨な目に遭ったことがあります。1本1000円位の添加剤でもアイドリング不良を起こし、信号待ちでエンストしそうでひやひやした事があります。どちらも、規定量を守ったんですが、添加剤自体が非常に燃えにくい素材だったようです。安物買いの銭失いとはこのことです。皆さんはこんなことの無いよう、少し高くても良い製品を使ってくださいね。