おいでよHENTAIの森

自分の好きなことを好きなように書いていきます♪

なぜ高学歴好成績の人間を企業は求めるのか? 命令に忠実な人間だから

前の記事のスピンオフです

時代遅れの年功序列と学歴社会が日本をダメにしている - 熱いコーラは美味しくない

現代の社会では、入社には大学卒業が絶対の条件になっている企業だったり、スキルに関係なく大卒者は高卒者より賃金が高いという謎のシステムになっています。

なぜ企業は大卒者や仕事とは別のジャンルでの高学歴者に好評価を与え、求めるのでしょうか?

 

答えは簡単です。意味もない学校の授業にも必死に取り組んで勉強してテストで良い点を取っているからです。  もっとわかりやすく言いましょう。しっかりとした意味もないくだらない命令にも逆らわずに忠実に従う「洗脳」しやすい人材だからです。

学校で半数の人は「こんな授業何のために」と思うと思いますが、それは社会にでて会社の命令や方針に従えるように「訓練」するための教材なのです。なので美術で最高評価をとっていた私でも、他の教科が2などでしたので、そんなアンバランスな人間は評価されないのです。バランスよく全ての命令に従って点をとらなくては社会では評価されません。

つまり、学校という社畜奴隷生産工場」でいい製品になった人材を求めるのです。 どれだけ必死に意味のない勉強に取り組めたかという忍耐と目上の者(先生)に従う奴隷レベルを評価しています。  大卒=すごく勉強にとりくんだ良質な奴隷  ですね。

実際に、オウム真理教の松本サリン事件の実行犯は、早稲田や東大の卒業生だったそうです。つまり高学歴者は社会にでても洗脳されやすい傾向にあるようです。

 

そんな評価の仕方をされた大卒者が、開発研究所に入って、高卒者より上のポジションに強制的にたたされます。 実は本当に能力があるのは高卒者だったとしてもです。 これでは最高に良い製品ができなくなってしまいます。

これが今の日本企業を衰退させています。

 

確かに、私が実際に会ってきた人でも、高卒者は仕事が嫌い。大卒者は休みでもバンバンでてサービス残業をしまくる仕事人間が多かった印象です。

しかし高卒者にもスポットを当てて、伸び白があると思えばチャンスを与え、高卒者は管理職になれないとかいう馬鹿げたシステムを取り払うべきだと私は思います。