おいでよHENTAIの森

自分の好きなことを好きなように書いていきます♪

ゆうゆうメルカリ便「匿名配送」の問題点

 


大人気フリマアプリの「メルカリ」を利用しているユーザの方は、ヤマト運輸の”らくらくメルカリ便”か、日本郵便の”ゆうゆうメルカリ便”を利用することが多いと思います。

 

例えば、化粧品やCD・DVD・BDなどの小物を送る場合

ヤマト運輸なら”ネコポス” A4サイズまで195円、ただし厚みは2.5cmまで

日本郵便なら”ゆうパケット” A4サイズまで175円、ただし厚みは3cmまで

となります。ゆうゆうメルカリ便の方が少しお得なので、メルカリユーザなら1度くらいは配送(出品)か受取り(購入)で利用したことがあるのではないでしょうか。

 

そんな中、両方とも「匿名配送」と言うサービスがあります。印字される住所は都道府県名のみで名前は非表記なので、プライバシーの観点から出品者・購入者共にとても安心できます。

 

そんな便利なサービスですが、”ゆうゆうメルカリ便の匿名配送”には思わぬ盲点があります。

それが”追跡番号”

この番号を使うと、荷物の大まかな情報がわかるのですが、それと同時に郵便番号が出てしまうのです。もちろん、その郵便番号は保管している郵便局や、経由した店舗、配達する担当の郵便局情報ですが、せっかく都道府県名のみの表記にしているのに、これを見ると大まかな市区町村まで分かってしまうのです。出品者なら発送する時は隣町へ行くなどすれば店舗が変わるので、表示される地域も変わりますけど、受け取る側は移動できないので大体の地域名が分かってしまう状態です。

せっかく「匿名配送」にしているなら、システムをしっかりと構築してもらいたいですね。